源流管理(upstream management)

源流管理(upstream management)

 

源流管理とは、「ものづくりの流れの源流(上流)にさかのぼって、顧客を満足させる製品やサービスの質を明確にして、品質やサービスの機能や原因を深掘りして、源流から管理すること。」です。

製品として販売してから不具合が判明して修理や交換、廃棄を行うよりも、より上流である製造段階で作り込み(P-FMEA)や、開発・設計段階でデザインレビューなどによる不具合の予測と未然防止対策(D-FMEA)を行うことにより、優れた製品やよい質のサービスが提供できるとの考えに基づいています。

 

源流管理で大切なこと

(1)品質保証体系、新商品開発プロセスを整備することにより、手戻りなどの無い一貫したシステムを作り込むこと。

(2)使用者の立場に立った「真の品質」を明確にして、設計品質・工程管理の展開すること。このためには品質機能展開が有効。

(3)開発の各段階ごとに、マイルストーンを設ける。各ステージごとの目標や狙いに、淘汰すしていない場合は、次のステージに移行させない。

(4)製品企画、設計、量産試作の各ステージで、問題点を予測して、下流で起こりうるトラブルを未然に防止する。D-FMEA、P-FMEAなどが有効。

(5)発生した不具合は、原因を上流工程にさかのぼって追及、暫定処置をしてさらに再発防止を図り、品質を保証する。

(6)標準や規定、チェックリストなど、管理がぶれないように文書類の整備を図る。

 

 

 

 

参考:品質月刊テキスト2013 No.398 「現場力を高めるQC用語」

 

ORG:2020/04/14